2020年3月19日木曜日

一期一会「ビッグベアーのスミスと出会うということ」No.1


「英国スミス紀行」
文・写真:大熊康夫
(ウォッチギャラリー・ビッグベアー店主、時計師)


1910年代より生産し続けてきた、英国らしい伝統的なデザインと、スイスの一級品と肩を並べる優れたメカニズムとを兼ね備えたスミスのハイグレード・モデル。そんなヴィンテージ・ウォッチであるスミスを、本来の状態に甦らせるためにビッグベアーの店主であり時計師の大熊康夫が行ったこと。それは、スミスの生まれ故郷である英国を訪ねることでした


英国各地を旅した1960年代のモーリス・マイナー・トラベラー


■地図を頼りに英国全土を、走り回る旅
モーリス・マイナーで英国の旅を始めたのは、確か1991年の春頃のこと。その当時は、田舎の古いパブ巡りやヴィンテージ・カーのイベントへ訪れることがほとんど。日本人であっても、モーリスに乗っているというだけで親近感を持って接してくれるもの。そんな、英国の素顔を知れる旅がとても楽しく毎年渡英を繰り返すことに…。ところが、ある時から、旅の目的に変化が。そう、スミスと出会うための旅に…。

■スミスにまつわる数々の出会い
スミスを求めて、英国を走りまわる旅。それは、小さな村で知り合った時計師、トーマスとの出会いから始まることに。そして、次から次へとスミスの連鎖が果てしなく続いてゆくこととなってゆく…。




■ヴェリー・オリジナル
純正パーツで構成された状態の良いスミスを探し求めて、情報が入ればどこへでもモーリスを走らせ現地へ。そして、そんなスミスの持ち主と出会うと、彼らは、必ず「Very original, never touched」と言って笑みを浮かべる。それは、そのスミスが純正のオリジナル・パーツで構成され、ケースや文字盤などに修復が行われていない状態のこと。そんな特別なスミスと出会うのは英国であっても簡単ではない。

■スミス本来の性能を甦らせるために
スミスに限らず、ヴィンテージ・ウォッチの修理を行う者にとって、現行品と大きく異なることは部品の入手が難しいこと。まして、時計メーカーとしてのスミスは存在していないため、部品の供給はな皆無。そんな中で、スミス本来の性能を甦らせるには、経験に基づくノウハウはもちろん、消耗部品を始めとする新品の純正パーツが不可欠。ビッグベアーの時計工房に充分なパーツがあるのは、長年英国で、部品探しを行っていたからに他ならない。

■次にどこへ行くべきか
小さな村の時計師、トムは、時計や部品だけでなく様々な情報をも与えてくれた。「今はリタイヤしてるけど、隣村のデヴィッドは、40年以上スミスを扱っていたから、きっと部品を持っているよ。」こんな具合に、人づてにスミスの輪が広がって行く…。その上、スミスに関する裏話や技術的なインフォメーションまで聞くことができ、まさに、スミスの生き字引。



■旅の疲れを古いパブが癒してくれる
たとえば、骨董市へ行ったり、アンティーク・ショップの扉をたたいても、状態の良いスミスや部品が手に入るとは限らない。村の時計師の情報をくれたのは、パブの常連客のひとり。そして、ヒースローに戻る前には、再びヴィレッジ・パブを訪れる。常連客の姿はなくても、彼らの気配を感じるその空間が旅の疲れを癒してくれるから…。



■日本へ戻ると小包が
旅の途中で出会ったスコットランドの時計師のジョンが、膨大なストックの中からスミスのパーツを探してくれると言っていた。英国の旅を終えて日本に戻ると、びっしりとゼンマイが詰まった段ボール箱が届いていた。こんな出会いの積み重ねが、我々時計師の正しいメンテナンスを可能にしくれる。そして、オリジナルの純正部品で構成され、なおかつ本来の性能を発揮できるビッグベアーのスミスが誕生する。






Ж Chance meeting with your Smiths Ж
実際に英国を旅したモーリス・マイナー・トラベラー

一期一会

「ビッグベアーのスミスと出会うということ」

ビッグベアーでは、英国とのコネクションを生かし、
オリジナリティーの高い特別なスミスのみを入手しています。
入荷したスミスは専門店としてのノウハウをもとに、
デッドストックの純正部品や、欠陥のあるスミスのパーツについては、
国内の時計部品メーカーと共同開発した対策部品を使って、
生産当時に匹敵する精度と信頼性、そして使い心地を甦らせています。

そんなビッグベアーのスミスの中から、
あなただけの特別なスミスに出会っていただければ幸いです。

Watch gallery BIG BEAR



★スミス腕時計のページはこちらから★





。   

2020年3月10日火曜日

生産後100年以上が経過した本物のアンティーク


戦前のスミス社製、懐中時計のフラッグシップ

1913年といえば、すでに100年を超えた、まさに年代物と呼ぶにふさわしいプロダクツ。一般に古い製品を総称してアンティークと呼ぶ習慣がありますが、英国では、製造後100年を経過していなければ、アンティークとは呼ばないそうです。つまり、1913年に生産された、この懐中時計クラスでなければ本物のアンティークとは言えないということになります。しかも、この懐中時計は18金無垢ケースのフラッグシップなので、すべてにおいて最上級の素材と設計、そして、デザインが施されたモデルであると言えます。

★この時計の商品ページはこちらから★

■気品とグレイドを感じさせるデザイン
シンプルな造形の中に、極めて繊細な心くばりを感じさせるディテールが積み重ねられたことで生まれるフラッグシップ・モデルに相応しい佇まいが、この懐中時計の随所に見られます。






■長短針のみが金針という美学
この時代、針の材質には、青焼針が多く使用されていましたが、特にグレードの高いフラッグシップ・モデルには、金針が使用されることがあります。しかも、中にはこのモデルのように長短針のみが金針で、秒針が青焼針ということがあります。このデザイン手法は、時計を見た瞬間に、長短針に自然と目が向くように考えられたと言えるでしょう。フラッグシップ・モデルには、こんな、常識にとらわれない、拘りの美学が織り込まれているのです。



■頑丈に造られた竜頭のリング
18金無垢で造られた竜頭のリングは、チェーンを繋ぐために強度と、長年の使用による摩耗に耐えるだけの太さが必要です。一見、オーバー・クウォリティーのように見えますが、18金無垢であることの証でもあります。また、摩耗のない、その形状から、使用頻度の低さが分かります。




■100年以上前の時計とは思えない精度
極めて精密に加工されて生まれたムーブメントを構成する部品のすべてには、ほとんど消耗が見られず、新品に限りなく近い状態と精度を保っています。この時代のスミスは、庶民の手には届かない最高級品であり、驚異的な精度で時を刻んでいました。







■最高品質のエンド・ストーン
当時のハイエンド懐中時計のムーブメントには、歯車や振り子の軸受けに最高品質のダイヤモンドやルビーなどの天然石が使用されていました。鉄の軸をささえる軸受けには、鉄よりも固く耐久性の高い天然石のエンドストーンが必要で、15石というのは15の宝石がムーブメントの重要な機能部品として使われていることを示しています。


■エドワード王の御用達であったスミス
この懐中時計にはトラファルガー・スクウェアにあったスミス社の本社ショールームで販売された際に使用されていたオリジナル・ボックスが付属しています。さらに、蓋を開けると英国王室御用達の金箔押しが現れ、コレクターには見逃せないアイテムといって良いでしょう。




★この時計の商品ページはこちらから★


2020年3月8日日曜日

パティナを感じるデラックス


使い込むことによって現れた美しい表情、パティナ

今では、スマホさえあれば、いつでも正確な時間を知ることが出来ます。そのため時計は男性の数少ないファッション・アクセサリーのひとつとして扱われています。しかし、1950年代には、時計は時刻を知るための大事な道具でした。だからこそ、当時は気に入った一本を手に入れたら、肌身離さず長年同じ時計を使い続けたのでしょう。道具として正しく使われ続けた時計には、美しいエイジングが現れます。これを英国人はパティナと呼びヴィンテージ・アイテムの美しい表情ととらえ、その魅力を楽しみます。

★この時計の商品ページはこちらから★

■ヴィンテージならではの楽しみ
道具は毎日使用されることで、傷ついたり汚れたりします。使用頻度を極端に減らすことで新品に近い状態の時計を、いつまでも変わらぬ美しい状態で保つことは可能です。しかし、毎日使ったことで生まれる使用キズや色あせなどのエイジングは、その個体の個性といえるでしょう。この個体には美しいパティナが宿っているのです。


■バランスの取れたパティナの魅力
新品の時計を、うっかり落としてしまいケースにキズが付いてしまう。他の部分が新品同様に美しく、一箇所だけにキズがあれば、その部分が目立ってしまい修復したくなるものです。しかし、このデラックスのように、どこを見ても同様にエイジングによるヤレが見られると、それはパティナと呼ばれ、長年の歴史を積み重ねてきて生まれた美しさと感じらえるようになるのです。

■現代の製品との比較
では、現代の製品も長年の使用を繰り返し時が経てば美しい表情を見せてくれるでしょうか。スマホを始めとした多くの現代製品は、その期待には応えてくれず、塗装が剥がれたり、ケースが割れたりと見苦しくなることが多いということを経験されたことがあるのではないでしょうか。



■素材の良さが生みだす表情
現代の製品とヴィンテージ製品との差は、その材質にあると考えます。1950年代に生産されたスミス・デラックスは100年先も使われていることを想定して、最も適した材質をケースや文字盤の材料として選んでいたのです。真鍮ベースに金メッキが施されたケースは長年の使用でメッキが擦れて行くことを想定していたため、真鍮のメタルが表に現れても、見苦しい外観にはならず使い込まれた味ととらえることが出来ます。


■パティナを楽しむヴィンテージの魅力
時には落下して付いたキズであっても、また、すり減った金メッキの下から現れた真鍮であっても、それらの集積が、その個体の歴史となり個性となる。そんなことを考えながら、このデラックスを眺めると、極めてバランスの取れたエイジングによる美しいパティナを纏った美しい時計であることに気づいていただけるのではないかと思います。


■裏蓋の状態から分かる前オーナーの思い
このデラックスの裏蓋は、決して新品同様ではありませんが、ヘコミや腐食など見られず、前オーナーが毎日頻繁にではありますが、大事に使用されていたことが伝わってくる状態です。




■裏蓋の内側には地紋
このデラックスの裏蓋を開けると、その内側に地紋が施されているのが分かります。これは、ケースを製造する際の仕上げ加工として施された地紋です。





■徹底した整備による良好な歩度
外観同様にムーブメントも幾度もの整備によりエイジングが見られますが、英国より入荷後、徹底的な整備を行い、工場出荷時の精度と信頼性を取り戻しています。






★この時計の商品ページはこちらから★

2020年3月4日水曜日

青焼針のデラックス


もうひとつのブルースチール

「青焼針、スモセコ、金無垢デニソン・ケースのデラックス」これは、初めてのスミスを手に入れようと考えた時に、頭に思い浮かぶキーワードといえるのではないでしょうか。英国の老舗ケース・メーカーであるデニソン社が手掛けた9金無垢ケースとブルー・スチール・ハンズの組み合わせはトラディショナルな魅力をバランスよく凝縮しており、スミスの定番中の定番に値するモデルといえるのは確かではあると言えるでしょう。しかし、今回は、その同一モデルにあって異なったケースを持つ、隠れた人気のデラックスといえる後期モデルを、ご紹介しましょう。

★この時計の商品ページはこちらから★

■正面の姿は前期モデルに酷似
オーナーでもない限り、正面だけを見て、このモデルの前期、後期を見分けるのは極めて難しいことです。なぜなら、前期、後期の違いは、ケース・メーカーがデニソン社であるかSCW(スミス自社のケースメーカー)社であるかだけであり、表向きのケース形状は酷似しているからです。


■ケース側面は一目瞭然
デニソン社製金無垢ケースの側面には、中央に裏蓋との分割線がありますが、このSCW社製にはそれが見られず裏蓋は極めて薄いデザインとなっています。また、注意深くみるとラグの側面もデニソンよりは丸みが少なく全体に、洗練されたスタイリッシュな印象となっています。


■裏蓋には美しいBRの刻印
裏蓋側から眺めると分割線が見て取れ、裏蓋がデニソンよりも圧倒的に薄いのが分かります。また、BRの刻印は、前期モデルのデニソンよりも深く彫り込まれており、その美しさが際立っています。美しい刻印もこのデラックスのチャームポイントのひとつと言えるでしょう。




■ムーブメントはしっかりとボルト固定
前期モデルのデニソン・ケースの場合、深い裏蓋内にムーブメントが沈み込むだけなのに対して、このSCWケースは、本体側にムーブメントがボルトでしっかりと固定されています。デニソン・ケースでは、長年の使用により、ガタが生じ竜頭操作時に文字盤とムーブメントがケース内で動いてしまうという問題の発生が多く、スミスは解決策として、コストをかけた自社製ケースを開発したと考えられています。

■ショックプルーフ機構の変遷
1950年代末よりスミスのムーブメントにはショックプルーフ機構が加わるようになりました。それは、振り子の軸受けをスプリングで支持する仕組みで、形状はクロス型の美しいものでしたが、強度に問題があったためか、1960年代初期には写真のようなバータイプの形状のものを使用した個体が極わずか生産されていました。どちらも一長一短あったためかバータイプは短命に終わっています。

■リザード本革ベルト
このデラックスには、極めて上質なリザード本革ベルトを装着しています。型押しとは異なり表面のうろこが極めて高い質感を生み出しているのがわかります。





■イタリア製の上質なベルト
革製品の加工技術とセンスでは定評のあるイタリア製のリザード本革ベルトをチョイスして装着。スミスには派手なクロコよりも、落ち着いたリザードが似合います。








★この時計の商品ページはこちらから★









2020年2月22日土曜日

ピンクに色づいた文字盤が美しいデラックス


ピンクに色づいた文字盤中央部分とレッドアローが美しい

デュオトーン文字盤のデラックスは、スミス社製腕時計の中でも、最もスミスらしいモデルのひとつといえます。そして、このデラックスの文字盤センター部分はマットホワイト塗装が施されていますが、この個体は時とともに淡いピンクに色づいています。ピンク・ゴールド系の9金無垢ケースとセンターセコンド針先端に施されたレッドアローとのコンビネーションがとても美しいアイテムと言えるでしょう。

★この時計の商品ページはこちらから★

■時を経て現れた美しい表情
この個体の一番のチャーム・ポイントは淡いピンクに色づいた文字盤と言えるでしょう。当時、店頭に並んだ時にはマット・ホワイトだった文字盤の中心部分が、稀にこの個体のようなピンク色になることがあり、柔らかい表情が魅力です。

■女性にもお勧めな色調
スミスに限らず1970年代ごろまでのメンズのドレスウォッチは、外径30mm前後と、とても小ぶりです。それに加えて、カッパーの含有率が多いピンク・ゴールド系のケース、キャンディー塗装のレッド・アロー、そして、ピンクの文字盤とで作り上げられた統一感のある優しい色調は、女性にもお勧めのデラックスといえます。

■差し込む光で様々な美しさに
普段の生活の中には太陽光を始め、温かみのある電球の色やニュートラルな蛍光灯、そして、最近ではLEDなど様々な光源があります。そんな光の色温度によって、特に様々な美しさを感じ取れるのもこのデラックスの魅力といえるでしょう。



■オリジナルの竜頭とレッドアロー
端正な造形が魅力の竜頭、そして、透明なキャンディー塗装が施されたレッドアロー。これらの細部にわたる純正部品の集積がバランスの取れたスミス本来の美意識を表現しています。※レンズ及びベルトは適正サイズの新品装着です。



■1950年代らしい振り子のチラネジ
幾重にもつながるパワートレインの輪列と、その中でひと際目を引く存在感を放つ振り子。特にこのデラックスの振り子には戦前からの伝統を引き継いだチラネジが作り上げた造形の魅力が備わっています。




■ホールマークが語るヒストリー
SCW(スミス社のケースメーカー)製の9金無垢ケースの裏蓋の内側には、ホールマークと呼ばれる刻印が、いくつか施されています。これらは、ケースの素材が9金無垢であることの他にも1957年に製造されたことも表しています。中央の9の下にふたつ並ぶ刻印は、左がエジンバラのお城マーク、そして右はイヤーマークと呼ばれ、この書体とBであることから1957年製造が明らかになるのです。

■裏蓋の刻印もこの時計の個性
当時、プレゼンテーション・ウォッチとして使われたこのデラックスには、金無垢ケースの裏蓋に、極めて美しい刻印が施されています。今ではとてもお洒落で美しいこのデラックスの個性といえるでしょう。







★この時計の商品ページはこちらから★



2020年1月22日水曜日

理想の1215(トゥエルブ・フィフティーン)


理想の1215

戦後間もなく、スミス社はスイスのジャガールクルト社の技術を導入して世界水準の英国製ムーブメントの開発に成功しました。それが、この1215(トゥエルブ・フィフティーン)モデルです。ただ、この1215モデル、シンプルで英国では最もスミスらしいスミスと評されていますが、初期モデルに付き物のいくつかの欠陥を持っていたことも事実です。そんな1215の中で、この1950年代初期に生産されたこのモデルは、初期のデラックスに匹敵する改善型ムーブメントが搭載際された理想の1215最終モデルなのです。

★このスミスの商品ページはこちらから★

■ステンレス・スチール製ケース
この1215には、工作精度に優れたステンレス・スチール製の3ピース・ケースが採用されています。窓辺に置いて逆光で見ると、小ぶりながら、ふくよかな美しいケースのラインが際立ちます。レンズの反射で文字盤に歪みがあるように見えますが、実際には、平らでうねりなどは見られません。




■スミスならではの、素の美しさ
1215の文字盤はフラットでシンプルなデザインですが、細部には隅々にまで神経の行き届いたスミスらしい上品で控えめな美意識を感じさせます。派手さは微塵もありませんが、奥深い英国製品としての気品が満ち溢れています。ケースの影などで文字盤が歪んでいるように見えますが、実際は極めて美しい状態です。



■ブルースチールの美しさ
窓から差し込む陽の光をあてると、青焼針がメタリック・ブルーに輝きます。シックなデザインの文字盤に、唯一、色を差す瞬間といえます。文字盤の中央8時方向周辺に微かなエイジングが見られますが、肉眼ではほとんどわからない程度です。





■スモセコの下には英国製品の証が
端正な作り込みのスモールセコンド文字盤の下にはMADE IN ENGLANDの控えめな文字がプリントされています。戦後、英国チェルトナムにある自社工場で生産されたことを示した、スミス社の慎ましやかな誇りといえるでしょう。




■オリジナルの竜頭が健在
ヴィンテージ・ウォッチにおいて、ベルト、風防、そして、竜頭に関しては消耗品と考えられ、それらがオリジナルの部品でなくても、評価は下がらないと言われています。しかし、この1215には新品当時の純正竜頭が極めて良い状態で装着されており、使用頻度が少なかったことが分かります。



■ケース本体の側面にはヘアライン加工が
3ピースのステンレス・スチール製ケースの本体部分には側面のみヘアライン加工が施されており、ラグの極めて美しいラインとともに、この時計の隠れたチャームポイントと言えます。




■裏蓋の微かな腐食キズ
全体的に極めて美しい状態を保った、1950年代初期の1215としては、異例のコンディションと言えますが、裏蓋には表面的な腐食によるキズが微かに見られます。






■裏蓋のコンストラクションも極めて良好
英国製であることが分かるケース裏蓋は、開閉による歪みなどのない極めて良い状態が保たれていることが分かります。






■1215Cタイプ初期ムーブメント
1215ムーブメントにはA、B、Cタイプがあり、この1215に搭載されているキャリバーはCタイプの最初期型です。1215としては最終型に、そして、デラックスの最初期型に搭載の熟成された信頼性の高いムーブメントです。



■洗浄工程の1215ムーブメント
ムーブメントを分解して洗浄。この後、振り子などをさらに分解して、本来の精度を取り戻すための洗浄、注油、そして、調整を行います。









★このスミスの商品ページはこちらから★