2019年1月20日日曜日

ロンドンの老舗ブランド、アスプレイの美学


ロンドンの老舗ブランド、アスプレイの美学

アスプレイは、今でも英国ロンドンのニュー・ボンド・ストリートに構えるウィリアム・アスプレイにより1781年創業の老舗ジュエラーです。アスプレイ・ブランドの貴金属の他、フルオーダーによる、別注品の製作にも力を入れ、独自の工房を持つことでも知られています。モノづくりに注ぎこまれた、伝統により築き上げられた気品、そして、最上級の品質へのこだわりとが、アスプレイの美学と言えるでしょう。今回は1950年代にスミス社が手掛けた英国の名品アスプレイの腕時計を取り上げます。



■アスプレイであることの証
イタリックの筆記体文字のロゴには、単に美しいだけではなく、長い歴史を背負って長年のあいだ使い続けれらた伝統に裏付けられた、最高品質のものにだけ冠することのできる証としての意味があります。そして、盤面に刻まれた曲線と直線とのハーモニーは、その内面に秘めた美しさの象徴といえるでしょう。※1950年代のロゴは現在の物とは異なります。




デニソン・ケースであるということ
9金無垢ケースには、アクアタイトと呼ばれる英国の名門デニソン社製の防水機能を備えた当時の最高品質モデルが採用されています。袋状の竜頭は、その美しさと機能性とを兼ね備えた一流品です。人の手が触れるパーツだけに、心地よい感触を生むデザインには最大級の心配りが感じられます。



■機能性から生まれた造形美
このアスプレイに使用されているデニソン社製防水ケースの裏蓋には、六つの独特の窪みが形造られています。この金無垢ケースは防水性を高めるために、裏蓋がネジ式となっており、開閉の際に工具を固定させるための溝の役割を果たしているのです。この形状にするために、また、ネジの溝を施すためには通常の金無垢ケースよりも遥かに厚みを増やさなければならず、結果的にヘビー・ウェイトケースとなっています。また、裏蓋の刻印にあるように、この時計は長年の勤続の証として、スティートリー社より社員へ贈られたものです。恐らく受け取った社員は、金無垢時計の重量感に、そして、裏蓋の美しい刻印と、当時、最先端であった防水ケースの造形に心躍らせたに違いありません。


■隅々にまで及ぶ上質
ムーブメントに目を向けると、そこにもアスプレイならではのこだわりを感じることが出来ます。1958年というと、スミス社のハイクウォリティー・モデルであっても、ほとんどの時計には写真のようなショックプルーフ機構が採用されてはいませんでした。十字架の形のスプリングで軸受の一部を受け止める耐衝撃機構もアスプレの高品質へのプライドと言えるでしょう。

★アスプレイの商品ページはこちらから。



2019年1月10日木曜日

スミス・エベレストの中でも偉大な歴史を所有できるのが、このモデル


ヒラリー卿のデラックスと同じデザインのエベレスト

1953年に英国の登山部隊に所属していたオーストラリア人のエドモンド・ヒラリー卿がエベレストに初登頂したのは周知の事実ですが、その際にヒラリー卿が付けていたのがスミス・デラックスであったことはあまり知られていません。さらにヒラリー卿は記者会見でエベレストの山頂で彼のスミス・デラックスが、極寒の中、完璧に動作していたと発表し、スミス社は、その偉業を記念してエベレスト・モデルをリリースしました。その後、スミス社は当時、ヒラリー卿が身に着けていたデラックスと同じ文字盤デザインのエベレスト・モデルをリリースしたのですが、今回紹介するモデルは、まさに、そのエベレストなのです。このエベレストこそ、ヒラリー卿のスミスと呼ぶにふさわしいモデルなのです。


■個体数の極めて少ないエベレスト
このエベレストは、元々、生産数が少ないエベレストの中にあって特に稀少性の高いレア・モデルといえ、市場には滅多に表れません。その上、今回は極めて良い状態の個体が入荷。ケースは、ほぼ新品状態で、文字盤も微かにエイジングが見られるものの、ミントコンディションと呼べるものです。



■裏蓋には美しい刻印が
このケースは9金無垢の3ピースで、太いラグのデザインとテーパーの美しいベゼルと裏蓋とがゴールドの輝きを一段と引き立てていて魅力的です。また、裏蓋の表面には美しい刻印が刻まれており、この個体の個性となっています。





文字通りスミスの頂点エベレスト
スミス社のエベレストはエドモンド・ヒラリー卿がエベレスト初登頂の際にデラックスを身に着けていたことがきっかけで生まれたモデルでしたが、文字通りスミスのフラッグシップとして、インペリアルと共に19石、25石とアップグレードを重ねながら歩んだスミスの頂点と言えるモデルといえます。


■ホールマークの秘密
金無垢ケースの裏蓋を開けると、内側には、ホールマークという刻印が刻まれています。中央、一番上の9とその真下にある、
・375は共に9金を表し、純金24金に0.375をかけると9金となります。上から二段目には左にお城のマークがあり、これは、エジンバラの税務署を表し、右側のアルファベットはイヤーマークで大文字のGを表しています。これらふたつにより、1962年に製造されたことが分かります。

■精度の高いチラネジなしの振り子
このエベレストの振子は工作精度の極めて高いチラネジなしの振子が採用されており極めて正確な歩度を生み出します。また、振子の軸受には、十字架状のスプリングが施され落下などによるショックを吸収。とても繊細な軸先端の破損を防いでいます。




このアイテムの商品ページはこちら





オリジナル度の極めて高いスミス・ミリタリーが入荷!



Very original never touched

「ベリー・オリジナル・ネバー・タッチド」この言葉はレストアを施されていないオリジナルの状態が見事に保たれた極めて貴重な個体に対する英国人の最大限の誉め言葉です。レストアされた個体には、当然、すべての部分に美しさを感じることが出来るでしょうが、英国人はその状態を最上級とは考えません。レストアはあくまで、修復されたもの。本当の美しさは使い込まれていたとしても生まれた時の部品で構成され、外観上は手を加えられていない状態の個体にあると考えます。もちろん機械ですから正しく動作するように整備されていなければいけません。今回紹介させていただくスミス・ミリタリーは正にそれです。

■エイジングも美しさのうち
決して新品同様とは言えないこの個体。しかし、全体にバランスの取れたエイジングは新品以上に美しいと言えるかもしれません。道具がその役目を正しく果たし、大事に使用されてきた姿は、その個体にしかない固有の深い味わいが宿ります。使い込まれたレザー・ジャケットや革靴にも似た美しさと言えるでしょう。


■竜頭のエッジはまろやかに
使用頻度を伺うことの出来る、バロメーターとなる竜頭。ミリタリーの頑強な竜頭ならではの美しさが現れています。手触りの硬質な新品の竜頭。エッジ部分が摩耗により丸みを帯び優しい手触りになっています。軸は金属疲労が見られたたためデッドストックパーツに交換しています。



■1968年に製造された証
スクリュー式の裏蓋はケース本体同様の頑強なステンレス・スチール製です。シリアルナンバーと発行年が刻まれており、1968年製造であることが分かります。ケース本体と裏蓋との間に入るパッキンは新品に交換されています。




■信頼性の極めて高い27SCキャリバー
スミス・ミリタリーに搭載の17石ムーブメントは、末期の英国製製アストラルにも搭載されていた、極めて精度と耐久性に優れた27キャリバーで、スミスの腕時計の中でも、最も優れたメカニズムと言えるでしょう。もちろんデッドストック・パーツを使用して徹底的な整備を行っていますので、一年間の保証が付帯いたします。





■ハック機能付の振り子
この時代のスミス・ミリタリーの特徴としてハック機能が挙げられます。振り子の左側に見える極めて細いアームが竜頭を引くと振り子に接して回転を止める働きをします。この機能により時報と同時に時刻セッティングが可能となります。




■オリジナルのベルトが付属
このミリタリーの中でどの部分が最も貴重であるかと言うと、やはり、オリジナルのナイロンベルトが付属している点ではないでしょうか。もちろんエイジングは見られますが、まだまだ、使用可能な状態です。





■洗濯も可能なベルト
ナイロン製ですので、革ベルトとは異なり洗濯することも可能です。ビンテージの風合いを味わいつつも、安心して使用が可能な状態であることはこの時計の美点のひとつと言えるでしょう。





■オリジナルであることの素晴らしさ
人により感覚は異なるでしょうが、ヴィンテージ・アイテムに魅力を感じる人にとって、ひとつの理想形と言っても良い、このヴィンテージ感満載のスミス・ミリタリー。ミリタリーだからこそ、よりエイジングの魅力を感じるのだと思います。この、コンディションの魅力を理解していただける方に所有していただきたいアイテムです。価格もリーズナブルです!


★このアイテムの商品ページはこちら






2018年12月21日金曜日


パーフェクト・コンディションのデラックス入荷!

スミスの中でも特に人気の高い、ホリゾンタル・ライン文字盤のデラックスが工場出荷時のような極めて美しい状態で入荷いたしました!ケース、文字盤、針、そしてムーブメント。そのどの部分も新品同様の美しさを保っています。さらにレンズ、竜頭、そして、ベルトは新品交換済み!この時期限りのスペシャルプライスで、ご提供致します!


■ホリゾンタル・ライン文字盤
まるで、彫刻のアート作品を眺めているような不均一で有機的なライン。光の当たり方により様々な表情を見せるこの文字盤はスミスの文字盤加工技術を代表する極めて優れた作品と言えるでしょう。楔形のインデックスにはギリシャ彫刻のような立体的な加工が施され、この文字盤の個性をさらに印象付けています。



■一点の曇りもない美しさ
このモデルの魅力である彫の深い文字盤のラインは汚れや変色などのエイジングが目立つサーフェイスとも言えますが、この個体に関しましては、見事に工場出荷時の状態を保っていると言ってよいでしょう。






■平滑でない面へのプリント技術
彫の深いラインが施された盤面だけに、そこへのプリント加工には、極めて高度な印刷技術が要求されます。肉眼では判別できないほどの細かい部分にまで、気を配られたロゴマークの繊細な仕上がりは、世界最高水準のプリント技術を持つと言われているスミス社のプライドと言えるでしょう。




■絶妙なバランスのデザイン
金無垢ケースに、金の3針、そして、金のインデックスと、各部に金を多用しているにもかかわらず、ここまで上品に、控えめなデザインにまとめ上げられているのは、英国のブランドならではの慎ましやかなデザイン思想がなしえた結果です。








■スリムライン・ケースの魅力
1960年代に入り時代はスリムライン・ケースが主流のデザインとなりました。スミスも実際のケースの厚みよりも、装着時のサイドビューのスリムさを強調したケースを積極的に導入しました。






■テーパーを施した裏蓋のデザイン
ご覧いただけるように、裏蓋にテーパー状の加工を施し、実際の厚みよりも薄く見せるデザインであることが分かります。ムーブメントのエッジも同様にテーパード加工されています。






■SCW社製の9金無垢ケース
スミス社直系のケース・メーカー、スミス・クロック&ウォッチ・カンパニーの極めて工作精度の高い2ピースケースの裏蓋の内側には、エンジン・ターンド加工の他幾つかの刻印が施されています。写真のSCWは前述のケースメーカー、スミス・クロック&ウォッチ・カンパニーを示すホールマークです。



■金無垢製品の税務上の刻印
写真の刻印はホールマークスと呼ばれ、金製品が製造された際に納税されたことを証明するための刻印です。左から9金の「9」金の純度37.8%を示す「375」小文字の「k」は1965年を示すイヤー・マークで、右の「ライオンの顔」は、納税先がロンドンであることを示しています。
※ロンドンのライオンマークと小文字のkの組み合わせで1965年製であることが分かります。




■当時の最先端技術、ショックプルーフ
振子の軸受には、十字架型のスプリングによりルビーをホールドするショックプルーフ機構が備わっています。これにより、落下などで大きな衝撃を受けた際に軸受のルビーがスプリング効果によりショックを吸収、振子の軸の破損を最大限に回避します。



このアイテムの商品ページはこちらから。






2018年12月5日水曜日

4ビート懐中時計の魅力


新品パーツでリビルトされた保証付懐中時計

ヴィンテージ・ウォッチのほとんどは、ロービートと呼ばれるゆっくりとしたリズムを刻むムーブメントを搭載しています。中でも今回取り上げるスミスのウェールズ工場で生産された普及型の懐中時計は、一般的なヴィンテージ・ウォッチよりもさらにゆっくりとしたリズムを刻む4ビートのムーブメントが搭載され、独自の世界観を作り上げています。

■新品懐中時計シリーズ販売終了
6年間ほどの間、販売させていただきました、新品懐中時計シリーズは200個以上を販売するベストセラーとなりましたが、お陰様を持ちまして完売となり、ひとまず幕を閉じることになりました。
それに代わり、今回登場したのがリビルト懐中時計シリーズです!


■徹底した整備で蘇った懐中時計
この度、発売開始となりましたリビルト懐中時計シリーズは、長年のノウハウとスペアパーツの豊富なストックとをフルに生かして動力用ゼンマイの交換や各部の的確なリビルトと微調整により工場出荷時に近い歩度と安定性を甦らせています。


■14400振動(4ビート)の魅力
スミスの懐中時計の中でもハイクウォリティーのデラックスなどは18000振動(5ビート)の15石ムーブメントを搭載しており繊細な作動音と安定した歩度、そして、重厚感のある高級品の佇まいが魅力ですが、このリビルト懐中時計シリーズのムーブメントは、14400振動(4ビート)というとてもゆっくりとしたリズムが魅力です。


■4ビートの構造とメリット
4ビートというゆっくりとしたリズムを生み出すメカニズムは、ピンレバー式の古典的なムーブメントで、ルビーなどの石はひとつも使われていない極めてシンプルな構造です。4ビートのゆっくりとしたリズムゆえの各部の摩耗の少なさは、オイル管理を怠らなければ、長く使い続けることの出来るメリットがあります。


■コストを抑えたウェールズ製
人件費の安い英国のウェールズに工場を構え大量生産しやすい設計、ローコストの材質によって生み出された4ビート懐中時計は安かろう悪かろうではないクレバーな設計が驚異のロングセラーを生み出しました。ゼンマイ仕掛けの自動車のような、そのムーブメントは温もりを感じさせるヒューマンなサウンドを作り出しています。


■スミス社はインガーソルとサービスも
スミスのウェールズ工場では、インガーソル社やサービス社などの英国市場向け製品の生産をも引き受け、個性的なデザインと共に、正確な歩度と愛着の持てるサウンドが多くの英国人に受け入れられ、時計の普及に大きく貢献しました。




■ブルースチールやローマ数字の採用
腕時計のエンパイア同様に普及モデルならではの、デザイン・バリエーションの多さは、コレクターの心に火をつけることでしょう。中にはローマ数字やブルースチールなど戦前の懐中時計を髣髴とさせるレアモデルも登場し、英国では、複数個を集めるコレクター兼、サンデーメカニックが多く存在します。


■ビッグベアーが本気で手掛けた普及品
腕時計のエンパイアなどの普及モデルは消耗しきった個体が多く、パーツも手に入りにくいため、完璧なリビルトは困難でしたが、4ビート懐中時計は豊富なパーツを保有しているため保証付のリビルト懐中時計の販売が可能となりました。当時と同じくエントリーモデルとして、お勧めいたします。そして、独自のロービート・ワールドを味わってみて下さい!


このアイテムの製品ページはこちらから。








2018年11月21日水曜日

エベレストに登頂した稀少モデルの魅力


1953年リリースのレアモデル

デラックスと言えばブルースチール・ハンズやラインダイアルが頭に浮かぶのではないでしょうか。そして、今回ご紹介するデュオトーン・ダイアルも代表的なデラックスの人気モデルと言えるでしょう。そのデュオトーン・ダイアルの初代モデルの防水バージョンこそが、このデラックスと言えます。生存率も少なく、また、エドモンド・ヒラリー卿がエベレストの山頂でその性能を証明したモデルとして、スミスのヒストリーの中でも、とても重要なモデルと言えるでしょう。

■エベレストに登頂したスミス
この1953年にリリースされた防水、防塵機能付デラックスは、エドモンド・ヒラリー卿がエベレスト登頂の際に身に着けて、その性能を証明したモデルです。






■デニソン社製の防水ケース
エベレスト登頂の際に、大きく貢献したのはデニソン社製の防水ケース、アクアタイトです。スクリュー式の裏蓋にはパッキンが入り、竜頭は袋状の二重構造で、エベレストの過酷な環境に負けませんでした。





■袋状の竜頭
通常の竜頭よりも一回り大きい二重構造の竜頭部分は、現代における完全防水とまでは行きませんが、エベレスト・クウォリティーと言えるでしょう。






■裏蓋に刻まれた高性能の証
英国の名門ケースメーカーのデニソン社は名だたるスイスの名門の腕時計メーカーにも、その製品を供給しており極めて高いクウォリティーで定評があります。






■チラネジ付きの振り子
また、1215Cタイプムーブメントは、極めて精度の高い歩度を示し極寒の環境下においてもその性能が保たれることが立証されています。また、チラネジ付きの振り子は造形的にも美しい。






■スミスのロゴが誇らしげに刻まれる
スミスのムーブメントにロゴが刻まれているのは、実は1953年頃までの最初期モデルのみ。以降のムーブメントと見た目は似ていますがSMITHSのロゴが初期のレア物の証です。





■サイドのヘアラインがお洒落
クロームメッキ・ケースの表面はポリッシュされた鏡面ですが、サイドはヘアラインが施されており質感の高さを感じられる部分と言えるでしょう。






■地味なフェイスが味わい深い
デュオトーンに金のインデックスと3針。と言えどもフェイスは全体的に落ち着いたデザイン。見ようによっては地味な時計かもしれませんが、そこには光の当たり方で微妙な変化を見せる奥深い味わいがあります。




■エイジングはこの時計のヒストリー
ロゴの上部や、1~2時の間のエイジングはこの時計の汚点となるかもしれません。しかし、全体のバランスが極めて自然なエイジングであるため、この時計の大事なヒストリーにも見えてきます。そう思っていただける方にぜひとも、使っていただきたい個体です。



■わずかに残る6の文字
6時の下部のみが文字盤に残された不思議な盤面。スモールセコンドの文字盤は数字やインデックスを施してから切削して作るため、わずかな6の部分だけが残っています。ひとつのデザイン・ポリシーを感じさせるところなのでしょう。




■長く使いたくなる佇まい
均整の取れたケースデザインと、トラディショナルなエレメントを凝縮したような文字盤。さらに、防水、防塵という高機能を併せ持ったこのデラックス二は末永く使いたくなる佇まいがあります。





お薦めのデラックスです
ミントコンディションではございませんが大切に使われてきたこのデラックス。この個体だけが持つ素の美しさを感じていただいた方はぜひとも商品ページもじっくりとご覧ください。スミスのヒストリーを背負ったお薦めのレアモデルです。



※商品ページはこちらから