2019年7月13日土曜日

独特なデザインとエイジングが魅力なデラックス



ブルースチールとレッドセコンド・ハンズの魅力

1950年代に生産されたデラックスには凝ったデザインの魅力あふれるモデルが多くみられますが、このモデルも、そのひとつに数えることが出来るでしょう。繊細で美しい文字盤の地紋に光が当たるとメタリックブルーに輝く青焼針と艶消しレッドの秒針。シンプルな印象ではありますが、よく見ると実に凝ったデザインといえる組み合わせ。デラックスならではの個性的なフェイスと言えるでしょう。


★この時計の商品ページはこちらから★



■繊細な地紋が気品を漂わせ
スミス・デラックスには細部の細工に凝ったデザインが多く採用され、個性的なモデルが数多く存在します。しかし、スイス製の時計のような煌びやかさや、押しの強い印象は微塵もありません。このモデルはとても個性的ではありますが、どこか落ち着いており気品を感じさせます。そんな上品な印象を与えている要因は奥ゆかしい文字盤の美しい地紋であるといえます。


■竜頭は新品に交換されています
全体的にエイジングは見られますが、目立つようなキズや気になるような汚れなどは見られません。しかし、時計の中で最も手に触れることの多い竜頭だけは消耗して、巻き辛さがありましたので、新品に交換いたしました。工場出荷時の巻き上げのフィーリングをご堪能いただけます。




■美しい金メッキケース
2ピースの金メッキケースは多少のエイジングは見られますが、とても良い状態を保っています。裏蓋はステンレス・スチール製でしっかりとした剛性感があります。






■ブルースチールの魅力
青焼されたスチール製の長短針は光を正面より受けるとまるで、まるで、モルフォ蝶のように鮮やかに輝きます。艶消しレッドに塗装された秒針とのコントラストから生まれる、このモデル独特の個性は文字盤に繊細な地紋と共にこのデラックスの大きな魅力となっています。




■整備の行き届いたムーブメント
このデラックスに搭載されているのはオリジナルの1950年代の17石ムーブメントです。しかし、よく見ていただくと、振り子には1950年代の特徴でもあるチラネジは見られず、また、ショックプルーフ付きの軸受けが見られます。恐らく以前のオーナーのご希望で。1960年代のスミス純正品にアップグレードされたものと思われます。メリットの方がはるかに大きくスミスの純正部品であるため、あえて旧式の振り子アッセンブリーには戻していません。ご希望があれば、オリジナルの振り子アッセンブリーに戻すことは可能ですのでお申し付けください。


■17石の意味
17石は15石のスモセコ用のムーブメントにギアを追加して秒針をセンターへ移植し、その分軸受けのルビーをふたつ増やしたメーカー純正のコンバージョンといえます。そのため、2石増えてはいますが、精度は全く変わることはありません。






★この時計の商品ページはこちらから★




美しすぎるデザインのデラックス


時刻を知るたびに楽しくなる毎日を

スミス・デラックスには、美しく、そして凝ったデザインの腕時計が多く存在しています。デュオトーンの味わい深い文字盤や、光が当たるとメタリックブルーに輝く、ブルースチール・ハンズなどがその代表例でしょう。しかし、このデラックスは数あるデザインの中でも抜きんでた個性と美しさ、そして英国らしい品の良さを兼ね備えた、特別なデラックスといえるモデルです。時刻を知るたびに、うれしくなってしまう。日常が変わってしまうような素敵な時計です。

★この時計の商品ページはこちらから★


■第一印象と奥深い味わいある文字盤
こと時計を初めて見た方は、どなたも、その第一印象に強く引き込まれることでしょう。英国ではブルアイと呼ばれているブラック&ホワイトのデュオトーン文字盤。よく見ると雲形定規のような輪郭。そしてホワイト部分は、ややパール調で、さらに、そこには奥深い幾何学的な地紋が浮彫されています。そして、夜光塗料が針や文字盤に施され、独特の世界観を作り上げています。


■スモセコにはホワイトのレタリング
その魅力的な文字盤のスモールセコンド・ダイアルに目を向けると、そこには別の世界が存在しています。ブラック・アウトされた小さな文字盤にはロゴなどに用いられている金色ではなくホワイトのアラビア数字とインデックスとがプリントされています。ホワイトをここで使用することで、時計全体を見た時の、見事に調和のとれた、このデザイン・センスには脱帽といえるでしょう。



■潔くカットされた「6」の上部
ブラックのスモールセコンド・ダアイルに、ホワイトのメイン・ダイアルの地紋、そして金メッキの浮彫されたアラビア数字。そんな様々な伝統的なデザイン要素を複雑に組み合わせたこのデラックスの、さらなるデザインの手法として挙げられるのは、潔くカットされたアラビア数字の「6」の上部であるといえます。これもまた、伝統的な手法で、あくまでベースに6時の数字があり、そこを削り取ってスモセコ文字盤が生まれたという成り立ちを意図的に示したデザインといえます。


■1215譲りの竜頭の形状
1940年代より続く1215独特の形状がさりげないデザイン性と巻きやすさとを兼ね備えた初期デラックスの竜頭。工場出荷時のオリジナルと思われますが、消耗は少なくまだまだ、使用可能な状態です。





■細部の積み重ねにより生まれたバランス
このデラックスには実にたくさんのデザイン要素が盛り込まれていますが、そのすべてが高次元でバランスされスミス・デラックスとしての優れたデザインに完結しています。個性的ではありますが英国らしい気品と伝統とが見事に集約された佇まいであるといえるでしょう。



■SMITHSのロゴ入りのムーブメント
この15石、ハイクウォリティー・ムーブメントにはSMITHSのロゴが刻まれており1950年代初期の製品であることがわかります。この後、SMITHSのロゴはムーブメントから消え15 JEWELSの文字はデザインが変わり位置も移動します。貴重な初期のムーブメントです。



■コンパクトに設計されたムーブメント
このスミス社製の1215Cタイプ・ムーブメントは、戦後のキャリバーで1215A、Bタイプを経て生まれた進化形態です。外見はほとんど変わらないものの、ほとんどの部品が入れ替わり、スミスの進化であるとともに、腕時計のムーブメントの進化ともいえるものです。コンパクトに、また、整備性の優れた設計思想は初期モデルから変わりません。



■英国の名門ケースメーカー、デニソン社
このモデルが採用しているクロームメッキ・ケースは英国の名門ケースメーカー、デニソン社製の3ピース・ケースです。裏蓋の内部には写真のように刻印があり、デニソン社製であることがわかります。









★この時計の商品ページはこちらから★

2019年7月8日月曜日

夏の英国では、夜10時を過ぎると日が暮れる


光を操るアストラルの美しさ

スミスのヴィンテージ・ウォッチの中では、アストラルはシンプルで洗練されたデザインが魅力であるといえますが、やや地味な印象があるのも確か。しかし、アストラルの文字盤には、一見シンプルに見える簡潔なデザインの中に、細部にこだわりの隠し味を潜ませせているモデルが多く存在しているのです。今回は、そんな、知られざる粋な隠し味を身に着けた美しいアストラルを紹介させていただきます。

★この時計の商品ページはこちらから★


■エッジ効いた面が美しさを演出
ユニークな形状に彫り込まれたインデックスとシャープな造形の長短針。金メッキされたこれらの面に光が当たるとシンプルでおとなしい印象の文字盤に、強いコントラストの明暗が生まれ、印象深いな文字盤へと表情を変えます。





■ケース側面には味わい深い加工が
このアストラルのクロームメッキ・ケースは、極めてスタンダードな形状のスミスらしいシンプルな印象ですが、側面に目を凝らすと繊細なヘアラインの装飾があることがわかります。竜頭のシンプルでプレーンな形状との対比が効果を深めています。






文字盤のエイジングが魅力

本来、フラットなサーフェイスであるこのアストラルの文字盤。長年の使用による経年変化で、その表面には多数のシミのようなエイジングが表れて来ています。しかし、そのエイジングは見事に文字盤全体に均一に表れているため、あたかも新品当時から施されていた地紋であるかのように見えてしまうほど自然です。水分の侵入などによる突発的なシミではなく長い年月をかけて、少しずつ色づいてきたエイジングであるからこそ、美意識の中に包み込まれてしまうのではないでしょうか。


■クロームと金との光の対話
クロームメッキのケースに金メッキのインデックスや針を合わせるデザイン・センスは、スミスらしい技法といえるかもしれません。それぞれに光が当たることにより、時には、各々が主張し、また、あるときは調和するといった光の対話が生まれるのです。




受けた光を暖かい光に反射する

日の光を受けると、文字盤全体がが、まるで電球の光のような温かみのある色に反射する。シンプルなデザインのアストラルに秘めた、美しい光の演出といえるでしょう。また、クロームと金とが統一感のある、ひとつのバランスのとれた調和を生み出していることを、お分かりいただけることでしょう。


■薄明るい光の中で
このアストラルを、薄明るい光のもとで見てみると、クロームメッキはやや青みがかり、文字盤はグリーンを帯びたように見えます。様々に表情を変えるこのアストラル。一日の中で刻々と変化して行く光が、変わりゆく表情を次々へと見せてくれる。楽しみは尽きません…。




■1960年代の信頼性
戦後間もなく生まれた1215ムーブメントは時を経て、様々な熟成を重ねてきました。それは、機械式時計の進化と共にあり、テクノロジーの変革を見ているようです。このアストラルのムーブメントにはショックプルーフが備わっており振り子の繊細な軸を守ります。




よき相棒となってくれる頼もしさ

このアストラルのデザイン上の魅力を存分にご堪能いただけたでしょうか?ここで、ひとつ、しっかりとお伝えしたいことがあります。ケース表面や文字盤など、外観上のエイジングはこの時計の魅力であって、決してデメリットではないと考えており、それを充分にご理解いただける方の元に届くことを強く望んでいます。しかし、このアストラルの最も大きなチャームポイントは、その外見とは裏腹にムーブメントの状態が極めて良いということです。一般に機械は外見にエイジングが見られるとその中身であるメカニズムについても問題があると思われがちです。しかし、ビッグベアーが扱うスミスは、その常識を打ち破ることに力を注がれたアイテムばかりです。このアストラルは、そんなビッグベアーのポリシーを身をもって体験していただけるように、徹底的な整備が施されています。

★この時計の商品ページはこちらから★

2019年7月5日金曜日

WATCH GALLERY BIG BEAR ならではの「オーバーホール」について


★ウォッチギャラリー・ビッグベアーのオーバーホール(分解掃除)と部品交換★

今回は、品番3116Bの1957年に生産され9金無垢ケース、ブルースチール・ハンズのデラックスを例にウォッチギャラリー・ビッグベアーのオーバーホールと部品交換の様子を紹介させていただきます。このモデルは、文字盤にエイジングが見られるものの、ケースやムーブメントの状態は極めてよく、交換部品は一般的な消耗部品であるベルト、レンズ、竜頭といった3点の外装パーツ、また、動力用ゼンマイ、クリック・スプリング、そして、ボルトスプリングの3点のみとなっています。

■そもそもオーバーホールとは■

「オーバーホール」の直訳は「修理」ですが、日本では時計の場合、分解掃除のことを意味します。特にどこか調子の悪いところがない状態で、ムーブメントを分解、洗浄、注油、組立てを行うことを、一般にオーバーホールと呼んでいます。また、オーバーホールといっても、作業内容はさまざまで、オーバーホール済みという言葉はとても曖昧であるといえます。英国では動作保証が付かないオーバーホールは行っていないのと同じであると言われているほどなのです。

■故障個所がなければ、分解掃除だけで良いの?■

確かに、元気な時計であれば分解掃除だけで、しばらく調子よく使うことが出来ます。しかし、スミスなどの約60年前に生産されたヴィンテージ・ウォッチの場合、そうは行きません。ゼンマイなどの消耗部品が金属疲労を起こしており部品を交換しないとオーバーホールを行っても使い始めるとゼンマイが切れてしまうことがあるのです。つまり、一通りの消耗部品を交換しなくては、使い始めると次々と故障を招く可能性が高いというわけです。

■消耗部品は入手可能なの?■

スミスの消耗部品は世界的に見て新品、ユーズド共に、入手困難な状態です。ビッグベアーでは15年以上前から、英国でデッドストックの新品パーツを、閉店した時計店などから収集しています。また、欠陥のあるパーツは、国内の時計部品メーカーと共同で対策部品を製作し、充分なストックを保有しています。つまり、英国より入荷したスミスに、新品部品をふんだんに使用した整備が可能となるのです。

★ここからは実際の作業についてです★

■アクリル製レンズの交換
オリジナルと思われるレンズには写真でご覧にただけるように数えきれないほどの多数のキズや修復不可能なクラックが見られるため、交換に至りました。ほとんどの場合、英国より入荷する個体のレンズは経年による細かなクラックが入り交換しないと破損して、針や文字盤を痛めてしまう可能性が高く交換させていただいております。


■ムーブメントの文字盤側
ムーブメントから文字盤を外すと現れるのが、この面です。竜頭周りのギアや長短針のメカニズムをご覧いただけます。二つのボルトで固定されている複雑な形をした銀色の部品がボルトスプリングで、スミスの欠陥部品と呼ばれ5年から10年使用すると折れてしまいます。ビッグベアーでは、対策部品に交換しています。



■ムーブメントの裏蓋側
裏蓋側には、振り子をはじめ、動力用ゼンマイから伝わる力を振り子へ伝えるためのギアが効率よくコンパクトに収まっています。






■竜頭の交換
竜頭は消耗品のひとつと考えられており、このデラックスの竜頭も摩耗や傷が多くみられ、巻き辛いということもあり交換することとなりました。新品交換で、圧倒的に巻きやすくなり、ムーブメントへの負担も軽減されます。




■ムーブメントの分解
ムーブメントをホルダーにしっかりと固定して、振り子より分解して行きます。振り子には極めて繊細なヒゲゼンマイがついており脱着の際には細心の注意が必要です。最も分解してみたくなるパーツですが、必ず破損してしまうと言ってよい部分ですので、トレーニングを積んでいない方は絶対に手を出してはいけません。



■部品の洗浄
分解した部品は、洗浄液を入れたガラス容器に入れてしばらくつけ込みます。油汚れや、こびりついたゴミを洗い落とします。この方法は、原始的なようですが、昔から使われているヴィンテージ・ウォッチのオーバーホールには欠かせないプロセスといえます。



■程よいエイジングの文字盤
オフホワイトの文字盤は経年による、この文字盤らしい、程よいエイジングがヴィンテージ・ウォッチらしい表情を作り上げています。汚れと、表面に付着したゴミを取り除く作業を行いフィニッシュです。






洗浄後ガラス容器から取り出された部品

ムーブメントの各部品は洗浄後、肉眼では見えないパーツの破損やゴミの付着などをルーペを使用して念入りに点検して行きます。また、消耗部品のほとんどは新品及び、対策部品に交換して、工場出荷時、場合によってはそれ以上の精度と信頼性を取り戻します。


オイリングとグリスアップ

洗浄後各部の点検が済みましたら、軸受けなどに注油と、場所によってはグリスを塗り込んでゆきます。注油は常識的な一滴よりもはるかに少ない微量をオイラーと呼ばれる工具で表面張力の原理を利用して行います。また、グリスは人の力が加わるような竜頭系統のギア、動力用ゼンマイなどに塗布いたします。

■ギアの間に詰まったゴミのクリーニング
ピニオンギアなどにこびりついたゴミなどは、洗浄液でも落としきれないことが多々あります。洗浄後の点検でゴミを発見した際には、こそぎ落として、再度洗浄液に浸す作業を、きれいになるで繰り返します。





■古いゼンマイを取り除きます
工場出荷時に装着されていたゼンマイがそのまま使われている場合には、無条件に新品と交換します。使用頻度が少なくても金属疲労で使い始めるとすぐに折れてしまうことが多いからです。スミス純正の新品のゼンマイは現在入手困難ですのでビッグベアーの膨大な量のストックで賄います。



■新品の動力用ゼンマイにグリスアップ
香箱と呼ばれているゼンマイを入れるケースへ入れる前にゼンマイの動きをスムーズにさせるため、グリスを塗布します。戦後最初期のスミスのゼンマイには、ゼンマイの表面すべてにオイリングする必要がありますが1950年代中期以降のゼンマイは素材が変わり、その必要はなくなりました。



■ムーブメントの組み立て
オイリングとグリスアップが終わりましたら、次は組み立てです。右の写真は、香箱を取り付けたところまでの途中経過です。ギアの組み立ては簡単そうに見えますが、すべての軸とギアが適正に回転し、たとえスムーズに回転しているように思えても、どこにも異常がないことを確認したうえで組み立てなければ正しい精度は得られません。


■スミスの欠陥部品の交換
スミスの欠陥部品としてよく知られるボルト・スプリングの交換です。この部品は竜頭の抜き差しの際に、その動きに節度を持たせる働きがあり、このスプリングが折れてしまうと竜頭が中途半端な位置でギアを回すこととなり、異音が発生したり、内部のギアを破損することになります。左の写真で二つ写っている部品がそれで、その差は見た目ではわかりませんが、装着されている方がビッグベアーが開発した対策部品で左に単体で置いてあるのが純正の欠陥品です。細いアーム状の部分が5~10年使用すると折れてしまいます。


■振り子の軸受けの分解
振り子の軸受けにはルビーがそれぞれ2個使用されており写真のように極めて小さなボルト2本で固定されています。この部分を分解してクリーニング、そしてオイリングをすることは、オーバーホールの際、極めて重要な作業といえます。




■軸受けの注油
微量のオイルを、表面張力の原理を使って注油します。この部分の軸と軸受けは、この時計の中で、振り子のヒゲゼンマイに次いで繊細な部分ですので、作業は細心の注意が必要となります。同様に裏面にも軸受けがあり、そちらも分解、クリーニング、注油を行います。



■文字盤と針の取り付け
ムーブメントのオーバーホール及び部品交換の終了後、動作確認を行い歩度の微調整を行います。その後、クリーニングを済ませた文字盤と針を取り付けます。最後にケースに戻し、再度、実際の使用状況にて長期間の動作確認を行います。





今回のオーバーホールで使用した主な道具

今回のスミス・デラックスは極めてムーブメントの状態が良かったため、わずかな消耗品の交換と基本的なオーバーホール作業のみで、工場出荷時の精度と信頼性を取り戻すことができました。上の写真は今回使用した道具の一部ではありますが、基本的なオーバーホールを行うための主な道具です。部品の加工や、特殊な調整が必要な場合にはさらに専門的なツールが必要となります。






楕円形の前衛的なデザイン、Ellipse


先を見すぎたアバンギャルド

1930年代、トノー型のリストウォッチに採用されていたような、大きく、また、個性的なアラビア数字。そして斬新な形状の針とケース。これらは、クウォーツ、デジタル革命によって行き場を見失っていたスミス社のデザイン部門が模索の末に生み出した前衛的なスタイルといえるでしょう。当時としてはあまりにも先へ行きすぎていたこと、そして、日本製品の先進技術の陰に隠れてしまったために、陽の目を浴びることができなかったモデルのひとつと言うことができるでしょう。のちにスイスの奇才時計技師フランク・ミュラーのアイデアの基礎となっていたといえるのではないでしょうか。

★この時計の商品ページはこちらから★


■スミスの歴史にとって重要な一本   機械式時計一筋に歩んできたスミスにとって、シチズンのクウォーツとカシオのデジタル技術は、全世界の時計メーカーにとってそうであったように、脅威以外の何物でもなかったはずです。そして、そんな中で生み出した一つの個性がこのEllipseであったといえる。


■新品同様のコンディション      金無垢ケース、文字盤、そしてムーブメント。そのどれをとっても使用感のほとんどない極めて美しい状態を保っています。おそらくは、デッドストックであった個体を、コレクターが使用せず保管していたものと考えられます。ケース幅は35.2mmと見た目のイメージほど大きくない、現代の時計とはだいぶ異なるスミス・サイズといえるでしょう。


■秒針を排した完璧なデザイン     小型のムーブメントを採用したことで、可能となった湾曲率の高い文字盤。この独特なデザインはアラビア数字のユニークで大きな書体と大胆な長短針同様に、この時計の重要なデザイン・エレメンツとなっています。


■Made in Great Britain       文字盤の6時の下にはMade in Great Britainの文字がプリントされています。この文字の意味するものは、ケースを除くほとんどの部品が英国内で生産されたこと。なおかつイングランドではない、恐らくはスミス社のウェールズ工場で生産されていたことが推測できます。なぜなら、スミス社のチェルトナム工場で生産されたものであれば、Made in Englandとプリントされるはずだからです。


■スイス製のケース          ケース裏蓋には、裏蓋の材質がステンレススチールであること。また、スイス製であることが刻印されています。恐らくケース本体は、真鍮のベースメタルに金メッキが施されてた仕様であると思われます。


■裏蓋表面の美しさ          裏蓋の表面には美しいヘアライン加工が施されており、かすかな保管キズが見られるのみで、この個体がほとんど使用されていなかったことがわかります。


■レバー式ムーブメント        ムーブメントには決して高級時計のそれではありませんが、全くと言ってよいほど使用されていない、消耗の見られないレバー式キャリバーが採用されており、極めて良い状態を保っています。


★この時計の商品ページはこちらから★