2018年9月9日日曜日

待望のスミス・デラックス入荷!



スミス デラックスの中でも特に魅力的な一本!


1950~60年代にかけて生産されたデラックスの中でも最も魅力的かつスミス社自体が、最もスミス デラックスらしいモデルとして位置づけしていたのが、このデュオトーン文字盤を搭載したデラックスであるといえます。その裏付けは、メッキモデルや、金無垢など数多くの異なったケースに搭載し、なおかつ超ロングセラーとしてリリースされていたこと、そして、エドモンド・ヒラリー卿がエベレストの頂上で、その高性能を体感したのもこのデュオトーン文字盤搭載のデラックスであったことなどが挙げられます。光の当たり方により幾つもの表情を見せるなんとも奥深い文字盤と、その精度と信頼性の高さとを知れば、この時代の理想的な英国製腕時計としての名声をひとり占めしていたことに頷けるでしょう。そして、この個体は、美しい状態と新品当時のクウォリティー、そして、極めてリーズナブルな価格とを合せ持つ、まさに理想の一本と言えるでしょう。初めてのスミスという方にも、そして、既にスミスを何本かお持ちの方にもお勧めできる逸品です!



この写真のように逆光や日陰では、周囲のメタリックな部分はがシルバー色に、そして、内側のマット調の部分は落ち着いたホワイトになり、上品は英国製腕時計としての味わいを感じられます。





また、光を当てると逆に周囲のメタリックな部分はパールホワイトのように明るく、内側のマット調の部分はグレーに近い色となり、全体の印象が反転します。上の写真と見比べていただくと、まるで異なったふたつの時計を見ているようです。




写真では分かりにくいのですが、さらに光を当てて向きを変えると周囲のメタリックな部分の色相が様々に変化して、まるでオパールのような複雑な色彩にも見えます。





竜頭は防水、防塵機構付きのデザインで、ケース本体から突き出た筒状のカバーと袋状の竜頭形状により二重構造となっています。竜頭はオリジナルですが、ケース本体のメッキ色と若干異なります。




裏蓋はSS製、スクリュー式でパッキンが付き、密閉性に優れています。専用工具を使用し回転させて閉め込むタイプです。裏蓋には全体的に細かな使用キズがあり、また、エッジ部分にはわずかな腐食跡が見られますが全体的には美しい状態を保っています。



ケース側面(竜頭側)には浅い使用キズがわずかに見られますが、極めて美しい状態を保っています。






こちら側のケース側面にも浅い使用キズがございます。また、裏蓋と接する部分にわずかに削れた部分がありますが、メッキの状態も良く極めて美しい状態を保っています。







新品同様といっても過言ではないほどの美しい状態を保った極めて素晴らしいコンディションの文字盤です。長短針にも腐食などは見られません。





スモールセコンド文字盤も極めて美しい状態を保っており、新品に限りなく近いコンディションです。秒針にも腐食など見られない極めて良い状態を保っています。





密閉性の高いスクリュー式裏蓋の恩恵で、極めて美しい新品状態を保ったムーブメントです。動作も新品当時の歩度を保ち、安定した精度と、高い信頼性が備わり実用の時計として現代でも十分い使用可能なレベルと言えるでしょう。



ムーブメントには15石のルビーが使用されており、見た目の美しさもさることながら、正しいメンテナンスを受けていただければ、半永久的にご使用可能なリライアビリティーを備えています。










★このスミス デラックスの商品ページはこちらからご覧いただけます。

























2018年8月5日日曜日

1950年代初期の1215


熟成した1215(トゥウェルブ・フィフティーン)

戦後初の100%英国生産のハイクウォリティー・ムーブメント搭載のスミス社製腕時計となる1215は、1946年より生産を開始し、デラックスがリリースされる1950年代初期まで販売されていたと言われています。この1950年代初期の1215モデルは、各部にデラックスの特徴と言えるエレメントが採用された、いわば熟成されたモデル末期の1215と言えます。その内容は視覚的なデザインのみならず、ムーブメントの機能的な様々な問題点を解決すべく改良がなされているため、デラックス同様に信頼性、耐久性共に向上した1215と言える仕上がりとなっています。

文字盤にはシンプルにSMITHSのロゴのみがバランスよく配置され、これぞスミスと言える面構え、かつ初期デラックスの雰囲気を持ち合わせた、極めてスミスらしいモデルと言えるでしょう。






文字盤の表面はざらつきのある仕上がりでエイジングの効果を計算に入れてデザインされたかのような、独特な質感を生み出しています。浮彫のアラビア数字と付け根がくびれたエレガントな長短針との相性は抜群!このモデルの文字盤からデラックスのスタンダードが生まれたといっても過言ではないでしょう。



端正な作りの一段掘り下げられたスモールセコンド・ダイヤルには繊細なアラビア数字と5秒刻みのインデックスが、この時計のシンプルかつ上品な佇まいを構築しています。文字盤下部には、極めて控えめにMADE IN ENGLANDの文字が主張しています。英国生産であるスミスの誇りを感じさせるチャーム・ポイントです。



ケースは、本体、裏蓋共にSS製で、ベゼル一体型の本体のみ金メッキが施されています。真鍮に金メッキの一般的なスミスのケースとは異なり、使い込むことで地金であるステンレス・スチールが姿を現し、そのコントラストが正しく使い込まれた道具ならではの美しさとなります。竜頭も使い込まれ味わいを増した表情はオリジナルの証でもあります。


裏蓋を開けると、同時に文字盤とムーブメントがケース本体から離れる構造となっています。ムーブメントは裏蓋に埋め込まれる形となっており、SSにより包み込まれたムーブメントは外部からの衝撃から守られています。





裏蓋の背面にはヘアラインが施されています。こんなひと手間かけたデザインもこのケースの特徴のひとつと言えます。








裏蓋の内部には刻印があり、BWC(ブリティッシュ・ウォッチ・カンパニー)社製のステンレス・スチールケースであることが分かります。もちろん英国製です。







質実剛健にして繊細な高性能キャリバー、1215Cタイプムーブメントは精度耐久性に優れるだけでなく、極めて整備性の高い扱いやすいムーブメントといえ、時計士の立場では、このことはとても重要でありがたい性能と言えるでしょう。





こちらにもMADE IN ENGLANDと刻印がありもちろん英国イングランドのチェルトナム工場で生産されたムーブメントであることが分かります。








このスミスの商品ページはこちら




2018年8月4日土曜日

ダブルネームのスミス 「J.W.Benson」


英国の名門ジュエラー"J.W.Benson"のスミス

ベンソンは英国の老舗ジュエラーで銀製品を中心とした宝飾品や貴金属をロンドンの上流階級に提供していたことで知られています。日本へは白洲次郎氏が愛用し政界の著名人にも広く使われたことで、その名を知られるようになったと言われています。そんなベンソンの1940年代から1950年代の懐中時計及び腕時計は、その多くの生産をスミス社へ依頼していたため、ここで紹介する二本のようなスミス社製のベンソンが、当時数多くリリースされていました。

今回取り上げる二本のベンソンは、金メッキケースにローマ数字の文字盤が魅力のモデルと、クロームメッキに夜光塗料のアラビア数字が魅力のモデル。共に経年による美しいいエイジングが、その魅力をさらに引き立てています。








金メッキのベンソン(2736B) 商品ページはこちら

エイジングにより魅力を増した文字盤
それでは、個々のベンソンの特徴や魅力に触れて行きましょう。金メッキケースのベンソンは文字盤に激しいエイジングが見られますが、それが個性的な文字盤の魅力をさらに深め新品の時計にはないヴィンテージウォッチならではの美しさを作り上げていると言えるでしょう。




自然現象が生み出したアート作品
激しく文字盤を侵食したエイジングは、ほとんどの場合、その時計を見苦しいものとしますが、このベンソンの場合は経年変化という自然現象が生み出したアート作品のような美しさを見るものに感じさせます。






オリジナル部品であることの証
均一にエイジングした、自然な表情は文字盤だけでなく、時針、分針、そして、秒針すべてに及び、それらすべてが新品時から交換されていないオリジナル部品であることの証でもあります。






英国製を選んだベンソンの拘り
文字盤の盤面より一段掘り下げられたスモールセコンドダイアルの下には、よほど注意深く覗き込まなければ、見過ごしてしまう"MADE IN ENGLAND"の文字。こんなところもスイス製ではなく、質の高い唯一の英国製を選んだベンソンの拘りと言えるでしょう。




貴金属メーカーとしてのベンソンらしさ
彫の深い刻みとふくよかな丸みを持つ竜頭にも、デザイン性を重視してた貴金属メーカーとしてのベンソンらしさを感じ取ることが出来ます。







ムーブメントにもベンソンの魅力が
スミス社製15石ムーブメントをベースに16石にチューニングを施し、さらにベンソンのロゴが刻まれたベンソン専用のムーブメント。このような小さなこだわりの集積が、スミス社製でありながらベンソンとしての魅力を構築しているのでしょう。





英国らしさがスミス・ベンソンの魅力
決して煌びやかではありませんが、高い工作精度と美しいデザインが英国製らしい質実剛健という美学を語りかけてくるムーブメントであります。







裏蓋には整備履歴が刻まれています
裏蓋には数多くの時計士が刻み込んだ刻印が残されており、この時計の整備履歴の多さを物語っています。








裏蓋で分かるケース構造の違い
裏側を見ると金メッキはスナップオン式の裏蓋。そして、クロームメッキケースはスクリュー式の防水ケースであることが分かります。










クロームメッキのベンソン(2828B) 商品ページはこちら

防水ケースの利点
こちらはクロームメッキケースのベンソン。ケースはエイジングによりだいぶヴィンテージの美しい雰囲気が際立っていますが、さすがに、防水ケース。文字盤などの経年変化はほとんど見られません。






繊細なロゴが雰囲気を変える
シルバー調の文字盤に夜光塗料が施されたアラビア数字と、針はなんとブルースチールの青焼針に長短針は夜光塗料が…。ベンソンのロゴとその下にプリントされたLONDONの文字が気品を感じさせるデザインとなっています。





MADE IN ENGLANDの意味
こちらのモデルにも、ひと際小さいスモールセコンド文字盤の下にMADE IN ENGLANDの文字がプリントされています。当時の工業製品に記されたMADE IN ENGLANDとMADE IN Gt. BRITAINとの違いは大きく、後者の場合はスコットランド、アイルランド、そして、ウェールズ製であることを意味していることがほとんどで、イングランドとは明らかに差別化されていました。


真鍮の地肌が時を語る
厚みのあるクロームメッキケースは、真鍮のベースにメッキが施されていたため、ケースのエッジ部分などに擦れて真鍮の地肌が現れている部分があります。そんなところも数十年という年月が作り上げたヴィンテージウォッチならではの魅力と言えるでしょう。




裏蓋の形状の意味
スクリューバック式の防水ケースは専用工具で開閉します。竜頭の上に見える四角い窪みは専用工具をひっかけるためのもの。








機能美を誇る竜頭のデザイン
このベンソンの竜頭も機能性を重視した二重構造の防水ケース専用。趣きある機能美はグッドデザインと言えるでしょう。








凝った作りの長短針
ブルースチールハンズは光が当たると極めて美しいメタリックブルーに輝きます。長針の先端はレンズのカーブに合わせて湾曲した優美なデザイン。







使い込まれた道具だけが持つ美しい表情
ラグの先端は傷つきやすく真鍮の地金が露出しています。正しく使い込まれた道具だけが持つ美しい表情ではないでしょうか。








チラネジが魅力
やはり、ベンソンのロゴが入り、16石にチューニングされたベンソン純正のハイクウォリティー・ムーブメント。1950年代ならでは振り子の周囲に配されたチラネジが魅力!チラネジにより振子のスムーズな回転を保っています。






スイス製ではなく英国製であること
ベンソンのロゴとLONDONの文字。そして、ENGLANDがスイス製ではなく英国製ハイクウォリティー・ムーブメントの証!








オーナーへ向けた細かな配慮
ムーブメントの上に被さるプレートは防水ケースの裏蓋を閉め込む際にムーブメントを固定させるためのスプリング機能を有したスペーサー。振り子のアジャスト機構部分を切りかいてスペーサーを外さなくても歩度調整を可能にしています。当時、時計の歩度調整はオーナーの仕事でした!





デニソン社のアクアタイトは高性能の証
こちらは、防水ケースの裏蓋の内側。英国の名門ケースメーカー、デニソン社のアクアタイト。文字通り防水ケースの称号である。










100%英国製のベンソンの腕時計はスミス社製のベンソンだけ

ベンソン社はスミス以外にも戦前や1690年代以降に時計を数多くリリースしていましたが、そのほとんどはスイス製のムーブメントやケースをしようしていました。つまり、100%英国製のベンソンの腕時計はスミス社が作ったベンソンのみであると言えるのです。

ヴィンテージウォッチらしい外観にハイクウォリティーのギャップ

今回取り上げたベンソンは、共に文字盤やケースなどにエイジングが見られ、いわゆるヴィンテージウォッチらしい使い込まれた外観を持っています。しかし、その一方、ベンソンならではの16石というチューニングされたスーパークウォリティーのムーブメントを持ち、さらに、数多くの整備記録、そして、ウォッチギャラリー・ビッグベアーの適切な整備が施されています。そのため使い込まれた使用頻度の高かった個体であることとは裏腹に極めて良好な精度と信頼性が期待できるのです。このギャップは、多くのヴィンテージウォッチ好きの心をとらえることでしょう!


















2018年7月3日火曜日

スミスのデイト付は激レアです!


1960年代スミス・アストラル"DATE"

1970年代の廉価版SMITHSには、デイト付の製品を目にすることは多いのですが、ハイクウォリティー・ラインのスミスには、デイト付を見つけることは、極めて困難と言えるほど、sおの生産数は限られています。このアストラルはとてもシンプルな文字盤にデイトが付くとても魅力的なモデルです。

デイトを最優先にしたデザイン

シンプルでモダンなデザインが魅力のアストラルですが、このモデルは、デイトのウィンドウを際立たせるために、アラビア数字を12のみとし、装飾を極限にまで、省いています。



アイボリーの文字盤が白さを主張

アストラルの多くはパール調の文字盤を使用していますが、このモデルは、そんなパール調文字盤とは少々異なった色合いであるといえます。わずかにメタリックな質感を感じさせるものの、通常のパール調とは一味違う独特な白さが個性的で魅力です。


金メッキケースがもう一つの個性

独特な文字盤と絶妙に調和した、シンプルながら実は凝ったデザインが施された金メッキケースはモダンなアストラルらしさを際立たせています。周囲に施されたエッジの効いたラインが、単調になりがちなシンプルなデザインに奥行きを与えています。


菱形の飾りはスミスの証

センターセコンド文字盤における、最もスミスらしいデザインのひとつにレッドアローと、この菱形の装飾が挙げられます。レッドアローは1950年代に、そして、この菱形の装飾は1960年代のモデルに多く使用されています。


デイトの存在感

このアストラルのチャームポイントのひとつである凝ったデザインの日付のウィンドウ。まるで、絵画の額縁のような日付窓は、見事にデイトの存在感を主張しています。それでいてアストラルの特徴である
モダン&シンプルな方向性と自然に調和しています。

ショックプルーフ付の安心感

このアストラルには振子のエンドストーン(ルビー)をスプリングで包み込んだ、ショックプルーフ機能が備わっています。1960年代末期の熟成した精度と共に大きな安心感を提供してくれるスミスです。



このスミスの製品ページはこちらから。