2018年12月5日水曜日

4ビート懐中時計の魅力


新品パーツでリビルトされた保証付懐中時計

ヴィンテージ・ウォッチのほとんどは、ロービートと呼ばれるゆっくりとしたリズムを刻むムーブメントを搭載しています。中でも今回取り上げるスミスのウェールズ工場で生産された普及型の懐中時計は、一般的なヴィンテージ・ウォッチよりもさらにゆっくりとしたリズムを刻む4ビートのムーブメントが搭載され、独自の世界観を作り上げています。

■新品懐中時計シリーズ販売終了
6年間ほどの間、販売させていただきました、新品懐中時計シリーズは200個以上を販売するベストセラーとなりましたが、お陰様を持ちまして完売となり、ひとまず幕を閉じることになりました。
それに代わり、今回登場したのがリビルト懐中時計シリーズです!


■徹底した整備で蘇った懐中時計
この度、発売開始となりましたリビルト懐中時計シリーズは、長年のノウハウとスペアパーツの豊富なストックとをフルに生かして動力用ゼンマイの交換や各部の的確なリビルトと微調整により工場出荷時に近い歩度と安定性を甦らせています。


■14400振動(4ビート)の魅力
スミスの懐中時計の中でもハイクウォリティーのデラックスなどは18000振動(5ビート)の15石ムーブメントを搭載しており繊細な作動音と安定した歩度、そして、重厚感のある高級品の佇まいが魅力ですが、このリビルト懐中時計シリーズのムーブメントは、14400振動(4ビート)というとてもゆっくりとしたリズムが魅力です。


■4ビートの構造とメリット
4ビートというゆっくりとしたリズムを生み出すメカニズムは、ピンレバー式の古典的なムーブメントで、ルビーなどの石はひとつも使われていない極めてシンプルな構造です。4ビートのゆっくりとしたリズムゆえの各部の摩耗の少なさは、オイル管理を怠らなければ、長く使い続けることの出来るメリットがあります。


■コストを抑えたウェールズ製
人件費の安い英国のウェールズに工場を構え大量生産しやすい設計、ローコストの材質によって生み出された4ビート懐中時計は安かろう悪かろうではないクレバーな設計が驚異のロングセラーを生み出しました。ゼンマイ仕掛けの自動車のような、そのムーブメントは温もりを感じさせるヒューマンなサウンドを作り出しています。


■スミス社はインガーソルとサービスも
スミスのウェールズ工場では、インガーソル社やサービス社などの英国市場向け製品の生産をも引き受け、個性的なデザインと共に、正確な歩度と愛着の持てるサウンドが多くの英国人に受け入れられ、時計の普及に大きく貢献しました。




■ブルースチールやローマ数字の採用
腕時計のエンパイア同様に普及モデルならではの、デザイン・バリエーションの多さは、コレクターの心に火をつけることでしょう。中にはローマ数字やブルースチールなど戦前の懐中時計を髣髴とさせるレアモデルも登場し、英国では、複数個を集めるコレクター兼、サンデーメカニックが多く存在します。


■ビッグベアーが本気で手掛けた普及品
腕時計のエンパイアなどの普及モデルは消耗しきった個体が多く、パーツも手に入りにくいため、完璧なリビルトは困難でしたが、4ビート懐中時計は豊富なパーツを保有しているため保証付のリビルト懐中時計の販売が可能となりました。当時と同じくエントリーモデルとして、お勧めいたします。そして、独自のロービート・ワールドを味わってみて下さい!


このアイテムの製品ページはこちらから。








2018年11月21日水曜日

エベレストに登頂した稀少モデルの魅力


1953年リリースのレアモデル

デラックスと言えばブルースチール・ハンズやラインダイアルが頭に浮かぶのではないでしょうか。そして、今回ご紹介するデュオトーン・ダイアルも代表的なデラックスの人気モデルと言えるでしょう。そのデュオトーン・ダイアルの初代モデルの防水バージョンこそが、このデラックスと言えます。生存率も少なく、また、エドモンド・ヒラリー卿がエベレストの山頂でその性能を証明したモデルとして、スミスのヒストリーの中でも、とても重要なモデルと言えるでしょう。

■エベレストに登頂したスミス
この1953年にリリースされた防水、防塵機能付デラックスは、エドモンド・ヒラリー卿がエベレスト登頂の際に身に着けて、その性能を証明したモデルです。






■デニソン社製の防水ケース
エベレスト登頂の際に、大きく貢献したのはデニソン社製の防水ケース、アクアタイトです。スクリュー式の裏蓋にはパッキンが入り、竜頭は袋状の二重構造で、エベレストの過酷な環境に負けませんでした。





■袋状の竜頭
通常の竜頭よりも一回り大きい二重構造の竜頭部分は、現代における完全防水とまでは行きませんが、エベレスト・クウォリティーと言えるでしょう。






■裏蓋に刻まれた高性能の証
英国の名門ケースメーカーのデニソン社は名だたるスイスの名門の腕時計メーカーにも、その製品を供給しており極めて高いクウォリティーで定評があります。






■チラネジ付きの振り子
また、1215Cタイプムーブメントは、極めて精度の高い歩度を示し極寒の環境下においてもその性能が保たれることが立証されています。また、チラネジ付きの振り子は造形的にも美しい。






■スミスのロゴが誇らしげに刻まれる
スミスのムーブメントにロゴが刻まれているのは、実は1953年頃までの最初期モデルのみ。以降のムーブメントと見た目は似ていますがSMITHSのロゴが初期のレア物の証です。





■サイドのヘアラインがお洒落
クロームメッキ・ケースの表面はポリッシュされた鏡面ですが、サイドはヘアラインが施されており質感の高さを感じられる部分と言えるでしょう。






■地味なフェイスが味わい深い
デュオトーンに金のインデックスと3針。と言えどもフェイスは全体的に落ち着いたデザイン。見ようによっては地味な時計かもしれませんが、そこには光の当たり方で微妙な変化を見せる奥深い味わいがあります。




■エイジングはこの時計のヒストリー
ロゴの上部や、1~2時の間のエイジングはこの時計の汚点となるかもしれません。しかし、全体のバランスが極めて自然なエイジングであるため、この時計の大事なヒストリーにも見えてきます。そう思っていただける方にぜひとも、使っていただきたい個体です。



■わずかに残る6の文字
6時の下部のみが文字盤に残された不思議な盤面。スモールセコンドの文字盤は数字やインデックスを施してから切削して作るため、わずかな6の部分だけが残っています。ひとつのデザイン・ポリシーを感じさせるところなのでしょう。




■長く使いたくなる佇まい
均整の取れたケースデザインと、トラディショナルなエレメントを凝縮したような文字盤。さらに、防水、防塵という高機能を併せ持ったこのデラックス二は末永く使いたくなる佇まいがあります。





お薦めのデラックスです
ミントコンディションではございませんが大切に使われてきたこのデラックス。この個体だけが持つ素の美しさを感じていただいた方はぜひとも商品ページもじっくりとご覧ください。スミスのヒストリーを背負ったお薦めのレアモデルです。



※商品ページはこちらから













2018年10月24日水曜日

インぺリアルという名の腕時計


スミスのフラッグシップ・モデル、インペリアル

スミス社のハイグレード腕時計というと、デラックスやアストラルが有名ですが、1960年代のフラッグシップといえばエヴェレストとインペリアルということになります。特にインペリアルは、すべてにムーブメントをインペリアル専用のスーパークウォリティー19石、CAL.0104キャリバーが搭載されているという点で、本来的なフラッグシップと位置付けられます。今回はその中でも贅沢なデニソン社製9金無垢ケースのインペリアルを取り上げてみました。

★このスミスの商品ページはこちら

スーパークウォリティーの19石ムーブメント搭載のインペリアルは文字盤の湾曲率が大きく優雅な雰囲気をデザインに取り入れています。また、幅の広いベゼル一体型のデニソン社製ケースは極めて美しく贅沢な印象を当ててくれます。





また、彫の深い大胆なデザインの長短針とスミスらしいセンターセコンド針先端の透明感のあるレッド・アローが、ラグジュアリーなフェイス・デザインに彩を添えています。






キャンディー塗装が施されたレッド・アローは透明度が高く、また、光が当たるとルビーのような美しい輝が極めて魅力的なスミスならではの装飾です。時計に目をやった際にここまで注目度の高い秒針は他にないでしょう。





ケース裏蓋には彫の深いラインが施されており、さらに、この個体には美しい刻印が刻まれています。これも、このアイテムの大きな個性的な魅力のひとつであるといえます。







裏蓋を開けると、その内側にホールマークが刻まれています。左のふたつは9金無垢であることの証で、右ふたつは1960年に生産されたことを表しています。その上部には英国の名門デニソン社製であること、また、英国製品であることが刻まれています。




ヴィンテージウォッチらしい周囲にチラネジの付く振子とショックプルーフ機構の十字架の形状は、長年、高度な技術を積み重ねてきたスミスの誇りを感じさせてくれる機能美と言えるでしょう。






このCAL.0104ムーブメントはデラックスなどに搭載されていたC1215キャリバーと比較すると直径が一回り小さく設計されており、その分文字盤の湾曲を大きくできる利点を持っていますが、実はこの小型化はの後に自動巻きをリリースするためのアイデアでもありました。




このアイテムは、極めて貴重なインペリアルのオリジナルボックスが付属いたします。全体にスミスのイメージカラーであるレッドでコーディネイトされておりトリムには金箔押しが美しく施されています。






ケース外装の表面処理と金箔押しはフラッグシップならではのグレードの高さを感じさせるデザインです。下部に見えるプッシュボタンはロック解除のオープナーです。







内装のライニングには、やはり美しい金箔押しが施されており、当時いかに贅沢な製品であったかを想像できるのではないでしょうか。





このアイテムの商品ページはこちらから




2018年10月5日金曜日

極上の輝き、18金無垢のスミス・デラックス


スミス・デラックスの最高峰、18金無垢ケース

スミス社の金時計は、頑なに英国の伝統を守り金無垢ケースには9金を使用していたように思われています。しかし実際には、戦前より18金無垢ケースの懐中時計を多数リリースしており、最高峰のモデルには、18金無垢が採用されていました。そして、戦後のスミス社製腕時計にも、極めて稀に、また少量の生産ではありましたが、18金無垢ケースを使ったモデルが存在しました。今回紹介させていただくアイテムが、まさにデラックスの最高峰と言える18金無垢、1955年生産のデラックスです。

18金無垢として選ばれたのは、ラグのエッジが効いたシャープで彫が深く、気品あるデザインのケースです。このケースの18金の色は、温かみのある、ややピンク系のゴールドで、落ち着きのある色合いで、さすがに英国製の18金といえる上品な色合いです。




3ピース・ケース本体の側面には18金を示すホールマークが施されています。ケースの状態もご覧いただける通り、ほとんどキズなどの無いミントコンディションを保っています。





竜頭側から眺めたケース側面。ギリシャ彫刻のような面構成されたエッジの効いたデザインは品格の高さを感じさせます。また、ベゼルとラグとの間に、わずかな溝を付けることで、それぞれを独立した造形に見せています。




反対側からの眺め。浮彫のインデックスはイエローゴールドの金メッキを採用しており、同じ金の微妙なコントラストが奥深い味わいを作り上げています。






デュオトーン文字盤のセンター部分はわずかにエイジングしており、淡いピンクに色づいており、この個体の個性を感じさせる魅力となっています。付属のデッドストック・ベルトとのマッチングは素晴らしいの一言です。背景は付属のオリジナルの保証書です。






また、この製品には状態の良いオリジナルボックスが付属いたします。何十年もの間この箱の中で、大事に保管されていたことが、想像できます。






ベルトはスミス社製ではありませんが、1950年代当時の本革デッドストック品が付属いたします。風合いは見事にマッチしており、新品当時より装着されていたように見えるほど、自然です。





オリジナルボックス内部にはライニングが施されスミス・デラックスのロゴマークが金箔押しされています。エイジングはほとんどなく、清潔感のあるコンディションと言えるでしょう。





裏蓋には美しい刻印が施されており、これもまた、ヒストリックな魅力ある装飾と言えます。また、裏蓋のデザインにも周囲にエッジの効いたテーパード加工が施され、隅々にまで気を配ったデザインと言えます。





裏蓋の内側には、ホールマークが刻印されており、18金無垢であること、そして、1955年に製造されたケースであることが示されています。中段のふたつはエジンバラの税務署のマーク、そして下のZはイヤー・マークで1955年を表しています。





ムーブメントに美しく刻まれたMADE IN ENGLANDの文字。このムーブメントがスミスの英国チェルトナム工場で生産された証です。ムーブメントのプログラムレートは真鍮製で表面にフロステッド・ゴールド・プレートが美しく施されています。





この時計の生産年号はケースのホール・マークから1955年と判断されますが、裏蓋表面の刻印が1960年であること、そして、1960年前後より採用されたショックプルーフ機能が搭載されチラネジが装着された振子から、ムーブメントが搭載されたのは1960年頃であることが分かります。




この時計の商品ページはこちらから









2018年9月23日日曜日

個性が光る星の煌き


個性が光る星の煌き

■モダンな文字盤にトラディショナルな要素が
アストラルは、星の煌きという意味ですが、今回ご照会するモデルは、中でも個性的な一本。元々スミスのラインナップの中で、モダンで洗練されたシンプルな文字盤のデザインが魅力なアストラル。基本的には、シンプルなパール調の文字盤ですが、そこに、デラックスでよく採用されている夜光塗料が施されており、やや、トラデショナルな印象を与えています。

■パール調の白文字盤が魅力
まるでマザーパールのようなサーフェースを持つ文字盤は、アストラルならではの美しさ。光りの当たり方で様々な微妙な色相に変化する繊細な美しさは他の時計では、なかなかお目にかかれない大きな魅力です。戦前のセラミックのような白でも、戦後の1215シリーズのアルミの質感とも全く異なるアストラルのパール調文字盤は、シンプルでモダンな印象であると同時に、ヴィクトリア時代のアンティークに見られるような趣さえも感じられる奥深さがあります。

■夜光塗料のドットがアクセントに
このアストラルの文字盤に施された夜光塗料のドットはシンプルな文字盤のなかで強く主張しておりこのモデルの大きな個性となっています。現在では、その効力は失われていますが、デザイン状のアクセントしては、大きく貢献していると言えるでしょう。



■浮き彫りのインデックスにも、ひと工夫が
文字盤にはアラビア数字と楔形のインデックスが共に浮き彫りとなって配置されています。楔形のインデックスには表面がV字に加工され金メッキが施されています。サーフェイスに光りが当たると角度により光りと影とのコントラストが現われます。そんな細部にも拘った工夫はアストラルの隠れた魅力ともいえます。


■見た目にも美しいショックプルーフ機能
アストラルはモダンで洗練されたデザインが魅力ですが、実はムーブメントにも最新のテクノロジーが多く採用されてきました。写真の振り子の軸受に仕組まれたショックプルーフ機能もその一つです。十字型に縁どられた軸受のマウントがスプリング効果を生み、落下時に振子の軸の先端を守ります。



■スリムラインの裏蓋
裏蓋のエッジ部分はテーパー加工が施されており、時計を腕に装着した際にサイドから見たケースを実際よりもスリムに見せる工夫が施されています。






■キャップ状の竜頭
竜頭はウォータープルーフ機能付きのキャップ状の形状です。ケース本体より突き出た筒状のカラーを包み込むように竜頭が被さり、防水・防塵効果を生み出しています。





■英国、それもイングランド製の証
スミスの腕時計工場は、イングランドとウェールズにあり、このアストラルのようなハイクウォリティー腕時計はイングランドのチェルトナム工場で生産されていました。余談ですがここにGt. Britainと書かれた時計はウェールズ工場製の普及品ということになります。



この時計の商品ページはこちらから。